2010年ハバジットグループ 業績大幅改善

ハバジットホールディングAG社トーマス・ハベガー会長と ハバジットAG社アンドレア・ボルピCEOは、このたび昨年度の ハバジットグループ業績を発表いたしました。

事業のレビュー ‐ 2010年度グループの業績 

 2010年度ハバジットグループ連結収益は6億2,610万スイスフラン(CHF)(日本円換算:約596億円)で、これは、2009年度の5億8,420万CHF(約556億円)から7.2%の増収でした。グループの税引前当期純利益+支払利息(EBIT)は、2009年度比56.3%の増収で、キャッシュポジションは大幅に増加しました。

 好調だった2009年度の業績を足がかりにして、2010年度の販売高と財務実績は前向きな見通しを裏付けるものとなりました。特に、業務プロセスと組織構成を大幅に改善したおかげで、財務実績は史上最高記録を達成しました。

 また経済状況の改善による恩恵を十分に受けることができ、いくつかの事業分野、特に繊維、ランニングマシン、自動車、食品分野でマーケットシェアを獲得することができました。

 HabasitLINK® プラスチックモジュラーベルトとHabaSYNC®タイミングベルトは、ともに市場の伸びを大きく上回る実績となりました。

 収益を伴う成長を遂げるため新しいビジネスチャンスの発見に常日頃から努力する一方、新たな計画に総額2500万CHF(約24億円)をかけて積極的な投資を続けています。

ハバジットホールディングAG社会長

トーマス・ハベガー 

ハバジットAG社CEO

アンドレア・ボルピ

革新へのコミットメント 

 2009年に着手された研究開発(R&D)機構のさらなる強化は、革新的新製品に重点的に取組む新技術開発チームを結成して終了しました。

 いくつかの革新プロジェクトが市場に投入され、その一例としてハバジットHyCLEAN CIP(CIP=Cleaning-In-Place、定置洗浄)システムがあります。これは、衛生基準の厳しい食品加工分野で洗浄方法と費用効果を改善するために設計されました。より速く、かつ信頼できるこの洗浄方式は、優れたソリューションプロバイダーとしてのハバジット成功例の一つですが、水の使用を半分に減らし、人件費を削減することが可能です。

 2010年、当グループのナレッジマネジメントチームは特にトレーニングニーズに着目し、新製品と既存製品の包括的なトレーニング プログラムを導入しました。これは、効率的な学習を提供するウエブセミナーであり、グループ従業員が顧客に対しさらに効率的な販売の手助けをすることを可能にしています。 

組織の改善 
この一年間、高い能力を持つマネージャーと従業員数名を投入して、専門チームの強化に成功しました。成功した分権モデルにさらに磨きをかけ、地域別に焦点を合わせることで、顧客の様々なニーズに迅速かつ柔軟に応えることができ、同時に事業改善にもつながりました。グループ従業員は優位性を活用して、成功基盤を維持してくれるものと信じています。
今後の見通し 
ハバジットはこの業界で10年以上にわたり世界No.1の企業であり続け、さらにこの地位を強化する体制を整えています。株主の皆さまを初め関係者全員がグループの成功と持続可能な成長にコミットメントをしています。 

■お問合せは本社マーケティング部までお願いします。

〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-15-1 新横浜中村ビル2F
TEL:(045)476-0371 FAX:(045) 476-0877  マーケティング部