ハバジットクリーンドライブ™「フラットタイプ」販売開始!

ハバジット日本株式会社ではこのたび、ハバジット クリーンドライブ™シリーズに「両面フラットタイプ」の2品種をラインアップに追加して4月22日より発売を開始します。

 従来のラインアップではベルト全幅に一体成型された駆動歯とスプロケットによるポジティブドライブ方式のみを提供してまいりましたが、今回の両面フラットタイプの導入に伴い、食品製造現場で幅広く使用されている樹脂ベルトから改造なしでベルト交換が可能になります。

 ハバジット クリーンドライブ™シリーズは食品工場における衛生管理で極めて重要な“洗浄性”をテーマにハバジットが開発したベルトで、2011年7月に導入以降 水や油を多く使用して苛酷な高頻度の洗浄を必要とするようなウェット環境への導入が急速に進んでおります。

■製品特長

- 樹脂ベルトから改造なしでベルト交換が可能

 

 食品工場の製造工程では樹脂ベルトが幅広く使用されており、従来の駆動歯付きのハバジット クリーンドライブ™に変更するにはプーリ交換をはじめ費用の掛かる大掛かりな改造や仕様変更が必要になっておりました。新製品の「両面フラットタイプ」は2mm と3mm厚の青色になり、どちらも既存の設備を改造する必要がないため容易にベルト交換が可能です。

 

 

- 耐浸透性に優れた衛生設計

 

ベルト搬送面及び裏面は均質で開口部がないため、食品の残渣や汚れを落としやすくするとともに細菌の繁殖といったリスクを大幅に削減します。また従来の樹脂ベルトのように織布と熱可塑性ポリウレタンなどを積層した構造ではなく、耐湿熱タイプの熱可塑性ポリウレタンとアラミド心線を一体成型しているため、日常的に大量の水を使用して洗浄を行うラインでも水分や油の浸透による織布の膨潤や化学品の影響による層間剥離がありません。  

- 伸びの少ないアラミド心線

 

製造工程において15mmピッチ間隔で一体成型されたアラミド心線により、従来の心線を持たない単一素材ベルトで問題視されていた負荷を受けたときのクリープや伸び、熱水洗浄時の熱膨張の問題を解消したことにより飛躍的に耐久性が向上しました。 

 

- 高頻度の洗浄でも劣化しないベルト材

 

耐加水分解性及び耐磨耗性に優れたエーテル系のポリウレタンを使用しており、高頻度の洗浄でも劣化しません。ベルト本体はもちろん、エッジ部も完全にシールされているため、樹脂ベルトに見られる異物混入の要因でもあるエッジ部からの糸ほつれの心配もありません。ベルトと同一の高品質な材質を使用したプロファイルも簡単に溶着が可能です。  

 

- 表面が滑らかな仕上がりのバットジョイント

 

専用ツールを使用することにより、素早く簡単に突き合わせ溶着することが可能です。平滑で滑らかな仕上がりで、ささくれがなくジョイント部はほとんど見分けがつきません 

- 製品仕様

- 搬送用途例

食肉   ---    食肉加工、ハム、ソーセージ

           ハンバーグ、スライサー 等

水産物  ---   魚介類選別・加工、マリネ、

           ツナ、練り製品、昆布 等 

惣菜・野菜 --- 冷凍食品、野菜、米飯、佃煮

           漬物、保存加工食品等  

乳製品  ---   チーズ、ピザ 等

製菓   ---   ポテトチップス、シリアル等

■お問合せは本社ナレッジマネジメントまでお願いします。 

本  社

〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-15-1 新横浜中村ビル2F

TEL:(045)476-0371 FAX:(045) 476-0877 ナレッジマネジメント