REACH (リーチ)規則の遵守

ヨーロッパの化学物質規制 - REACH
REACH (Registration, Evaluation and Authorization of Chemicals) は、2007年6月に発効した欧州の化学物質規制です。この規則の施行により、欧州における化学物質を取り扱うメーカーや欧州に本拠を置く輸入業者は、フィンランドのヘルシンキにある欧州化学物質庁(ECHA)に製品を登録することが義務付けられています。この規則は全EU加盟国に有効であり、従来の国ごとの化学物質規制と整合しています。将来的には、使用用途に合わせた登録が行われ、安全性評価が完了している化学物質のみが製造販売されることになります。2018年5月31日で年間1~100トン製造・輸入される全ての化学物質の登録期間が終了し、2018年6月1日に欧州で使用される化学物質の登録が確定します。 それ以降、新しい物質は事前登録なくして製造・輸入を行うことができなくなります。

ハバジットやその顧客にREACHは関係していますか?
ハバジットの製品はREACH規制の対象となります。当社は、2007年以降、原料サプライヤーと密に連絡を取り、当社製品で使用されるすべての化学物質が仮登録済みであること、そして法律で定められる期間内にECHAで本登録されることを確認しています。原料サプライヤーに伝えている当社製品の使用用途は、当社の製品データシートに記載されている内容と同一です。万一、記載されている以外の用途やサポートされていない使用をされているお客様が判明した場合、当社はこれが含まれるよう、でき得る限りの必要な対応をいたします。ハバジット社は、当社製品が通常通り継続供給できるよう、あらゆる必要措置を講じていきます。

ハバジット製品におけるSVHC
ハバジットは、当社の製品にREACHの候補物質リストの物質(SVHC、高懸念物質)が0.1%以上の割合で含まれないように取り組みます。製品に候補物質リストの物質が0.1%以上含まれる場合、REACH規制第33条に基づき、お客様はハバジットからの通知を受けることになります。
ハバジットは可能な限りそのような物質を置き換えるように致します。製品に高懸念物質が含まれることにより、直ちにその製品の使用が制約されたり供給終了を求められたリするものではないことにご注意ください。

これは、ある高懸念物質(SVHC)がREACH附属書XIVの認可物質リストに新たに含まれる場合にも該当します。
また、物質の上市と使用が禁止される日付 (the sun set date:日没日)については、化学物質の使用にのみ言及しており、
物質を含有する製品が「日没日」前に上市された場合には影響しません。

ご質問やご不明な点がございましたら、お気軽にお近くのハバジットまでご連絡ください。