品質重視

ハバジットの、製品に対する考え方とその取り組みをご紹介します。

ハバジットは、ISO9000シリーズに沿って品質管理しています。

ハバジット日本(株)における「品質」とは?
品質とは単に製品の品質のみを意味するものではなく、お客様にご満足頂けることが最も重要と考え
  1.優れた品質
  2.要望を反映した適切な価格
  3.卓越したサービス
を品質の3要素としており、日常活動に浸透させています。

ハバジットの製品は、
  1.ベルト本体はスイス本社 ISO9001(1993年認証取得)
  2.加工はハバジット日本和歌山工場 ISO9001 : 2015(2016年認証登録)
でカバーされています。

品質方針
ハバジット日本株式会社は、お客様の要求事項を満たすことを第一に考え、優れた品質、卓越したサービスでお応えします。
当社は、組織の到達目標、解決すべき課題の達成並びに顧客満足の向上の実現に向けて、次の行動を実施します。

1. 製品品質の向上に努め、不適合製品の出荷を防止します。
2. お客様のより高度なニーズに応えるために、技術能力の向上を目指します。
3. 品質目標及びプロセス計画を策定し、品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善します。
4. 品質方針を担う要員の能力向上を不断に図ります。

2017年1月1日
取締役社長 津川 純


 

JQA-1576
JQA-EM4340
和歌山工場

樹脂製及び合成ゴム製工業用ベルト(伝動ベルト、搬送ベルト、特殊仕様ベルト)の設計・開発、製造(加工)、及び付帯サービス(工場内修理及び現場接着)

ハバジット日本(株)における品質活動
1990年 5S運動
1996年 QCサ-クル活動を開始
1997年 ISO9002 認証をJQAより取得
1997年 QCサ-クルを”ステップアップ活動”と命名し活性化
1997年 樹脂ベルト接着技能講習会を開設
1997年 ハバジットベルト理論講習会”HBA研修”を開設(6月)
1999年 JQAによる第1回隔年審査終了
2001年 JQAによる第2回隔年審査終了(2月)
2001年 2000年改訂への移行活動スタート(4月)
2002年 ISO9001:2000認証取得
2009年 ISO9001:2008年版認証登録
2016年 ISO9001:2015年版認証登録