段ボール業界での生産ロスの低減と作業員の安全性向上

概要

  • お客様の背景

この会社は1967年に設立され、台湾やアジア、ヨーロッパの段ボール市場に搬送面でのソリューションを提供。

  • 用途

スタックされた段ボールの搬送

  • 課題

ソリューションのひとつはライブローラ。しかしながら、ローラは作業者に危険であり、段ボールに損傷を与えるというデメリットがあっ た。革新的な企業として、お客様はこれらの難題に対応できる、創造的なソリューションを求めていた。

  • 推奨製品

M2520 フラットトップ

対応策

ハバジット社は2002年のトレードショーで、このお客様にM2520を紹介しました。モジュラーベルトは段ボールにも作業者にも平らなプラットフォームを提供するため、この新しいソリューションにより生産ロスが減り、作業者の安全性も高まりました。

成果

ハバジットリンクによるメリットを確認し、お客様は2003年に最初のハバジット モジュラーベルトを購入されました。お客様はスペイン・ポーランド・ロシアといった世界中に散らばる段ボール製造工場において、幾つかの主要なプロジェクトにハバジットリンク製品を使用していました。ハバジット社との提携が良好な成果を上げたことを受け、2007年、このお客様は9700m2のハバジットリンク モジュラーベルトを使用した世界最大の片面段ボールのプロジェクトの入札に成功しました。

お客様の声

チーフ・エンジニアは次のように話しています。

「段ボールシート工場は、より安全な搬送環境を求めています。この市場の流れは明白です。世界的なブランドとして、ハバジットはその素晴らしい製品品質やサービスサポート、および革新的なハバジットリンクプラスチックモジュラーベルト製品群を通じ、この要求に応えることができます。我々はハバジットリンクを信頼しています。」