脱骨ラインでのハイクリーンCIPシステム

概要

・お客様の背景

ドイツにあるヨーロッパ市場大手の食肉加工業者

 

・用途

脱骨ライン

 

・課題

食肉加工では、洗浄や衛生の面で非常に厳しい要求ある。生産が終わるごとに、即時稼働性や衛生安全性を確保するために、機器や現場の洗浄に多大な労力を費やしている。この作業には、かなりの時間と人件費だけでなく、大量の水や洗剤の使用も必要でした。

 

・推奨製品

新ハイクリーンスプロケットを装備したM5060 2"フラットトップのハイクリーンCIPシステム

対応策

ハバジットは洗浄性に優れたハイクリーンスプロケットを組み合わせた、新しいハイクリーンCIP洗浄システムを導入しました。このCIPシステムをダイナミックオープンヒンジ設計のハバジットリンク M5060 2"コンベヤベルトが既に装着されていた脱骨ラインに取り付けました。数日のうちに、洗浄工程に明らかな改善が認められました。ハバジットハイクリーンCIPシステムのシャフト上に、噴霧ノズルが完璧に配置されていることにより、ベルト内側表面の洗浄効率を著しく向上することができました。ハイクリーンスプロケットはその特殊設計により、スプロケット周囲を回転中に、洗剤がベルト幅全体にわたるオープンヒンジに効率よく行き渡ります。さらに別々の噴霧ノズルにより、ベルトエッジとベルト表面の両方の洗浄が実現できます。

 

成果

新しい機器を導入することで、お客様は下記を達成することができました:

  • ベルトが数回転しただけで、目視で洗浄性の向上を確認
  • 手作業による追加の洗浄作業が不要
  • 信頼性があり、再現性の高い細菌試験データ
  • 洗浄や作業時間の短縮
  • 以前のCIPシステムと比べ、水消費量の大幅な削減