損傷のない木工パネル搬送

概要

・お客様の背景

木工パネルとMDF板(中密度ファイバーボード)を製造するスイスのメーカ

 

・用途

パレットを除いた総重量が12トンにまで達する木工パネルの搬送

 

・課題

今日では、ボードやパネルの積荷は、最下段のパネルが損傷したり跡がついたりするのを防ぐために社内用特殊パレットで搬送されることが一般的。通常、コンベヤは細いスチールチェーンで設計されているため、このような対応が必要。工程の中には、パレットの取扱いが原因で多額の追加コストがかかる場合もある。そのためハバジットには、パレットを使用せずにパネルを搬送するための、滑らかで大きな 搬送面を持つソリューションが求められていた。

 

・推奨製品

ハバジットリンク プラスチックモジュラーベルト M5020 2"フラットトップヘビー

対応策

積荷が非常に重くなる場合もあることから、ハバジットは、ベルト材質がPOMでスプロケット材質がPAのM5020フラットトップベルトをベースにコンベヤを設計することを提案しました。これにより、要求されている高強度が実現され、ベルトの長寿命化も期待できました。OEM会社により、3つのシングルレーンを備え、レーン間に光電子センサーの取り付けが可能なコンベヤが開発されました。双方向の駆動設計により、積荷の双方向への搬送が可能になりました。

 

成果

300mm(11.8インチ)幅 x 3列の大きな搬送面によりパネルは滑らかに搬送され、傷跡も確認されませんでした。別途、高価なパレットを用意しなくても積荷の搬送が可能となり、要求される品質も維持できました。さらなる恩恵としては、スチールチェーンで必要とされたコストも時間もかかる潤滑作業が不要となりました。