ハイクリーンCIPシステムがEHEDG認証を取得

ハバジットが新たに提供するプラスチックベルト専用の洗浄装置 、ハイクリーンCIP(CIP = Cleaning-In-Place、定置洗浄)システムがEHEDG認証を取得いたしました。このようなベルト洗浄ソリューションにおいてEHEDGから適合証明書が発行されたのはベルトメーカーの中でハバジットが初めてになります。

ハイクリーンCIPシステム(ハイクリーンシリーズのCIP、モジュラーベルトM5060、M5065およびスプロケットの組合せ)はドイツ、ミュンヘン工科大学(TUM)ヴァイエンシュテファン醸造・食品品質リサーチセンターで評価が行われ、その結果EHEDG公認組織である同センターは2011年末にガイドラインに適合していることを認証し適合証明書を発行しました。このことはハバジットの画期的なベルト洗浄ソリューションが衛生機器設計の最高水準を満たすという第三者機関による決定的な証明となります。 

ハバジット ハイクリーンは高い信頼性と洗浄効率を実現 

ハイクリーンCIPシステムは特許取得済みで、プラスチックモジュラーベルトを使用したコンベヤの効果的な洗浄・殺菌を実現する為にハバジットが独自開発した画期的な定置洗浄システムです。スプレーシャフトやノズル等の部品はベルトの効率的な洗浄を行うために最適化設計されており、コンベヤ一式を分解することなく短時間で信頼性の高い循環洗浄が可能になります。スプロケットを回転する際にヒンジ部の隙間が最大になるモジュラーベルトの特色を生かし、スプレーノズルはアイドラーシャフトに取り付けられており、射出水圧力および洗い流しによりベルトの裏面、搬送面、エッジ部とベルト全体の汚れを取り除きます。また低水圧でも優れた洗浄性能を発揮するため、食品工場における水や洗剤の消費量を減らすことにもつながり、ユーザーにおける大幅なコスト削減効果が期待できます。

ハバジット ハイクリーンはベルト業界において世界的なリーダーである当社R&D部門の蓄積した技術力を集約した最先端のソリューションです。