追加工

 下記のような一般的な機械加工を提供しています

座ぐり加工

カバー材をベルトに貼り合わせた後、搬送物のコントロールを維持するために、背面を座ぐり加工に研磨します。この形状には、真円、長円ナナメ、 長円ヨコ、四角形などがあります

表面研磨

貼り合わせたカバー材の研磨により厳しい厚さ公差が実現され、また多くの場合においてベルト搬送面の摩擦性能が強化されます。 

歯切削の加工

ベルト幅方向でのプロファイル取り付けにより、ホルダー加工やポケット加工を可能にしました。
アタッチメント金具の取り付け等の目的に応じ、ベルト幅方向での歯切削加工が可能です。幅方向の全面および部分切削が可能です。

 穴あけ加工

お客様の求める工程や性能の最適化を実現するために、ハバシンク タイミングベルトに穴あけ加工を施すことも可能です。ベルトを製品供給ラインのバキューム用途で使用するためには歯を部分的に取り除くことが一般的です。

国によってはご提供していない製品もございます。
詳細は最寄りのハバジット営業所へお問い合わせください。