各種加工

ジョイントの種類
スカイバージョイント

ベルト端部を襖状に削り、接着剤を塗布して接合します。

 

フィンガージョイント

ベルト端部をジグザグに打ち抜き、ベルトを構成している樹脂で熱により溶融して接合します。

 

メカニカルジョイント(メタルファスナー)

ベルト端部を金属製のフックとピンにより接合します。

 

メカニカルジョイント(メカファースト)

ベルト端部を樹脂製のフックとピンにより接合します。

標準タイプ、カバータイプ、フルカバータイプ(一定方向のみ)、縫製タイプ(オプション)があります。

 

クィツクメルト

フィンガージョイントと同じ考え方ですが、ベルト端部をナナメ直線状にカットし、つきあわせ溶着します。

 

ステップ

ベルト端部を階段状に切り除き、接着剤を塗布して接合します。

 

二次加工品 

縦桟加工

ベルトの裏面あるいは表面の、長手方向に桟を取り付けます。

蛇行防止桟などに使用されます。 

横桟加工

ベルトの表面の、幅方向に桟を取り付けます。

傾斜搬送などに使用されます。 

穴あけ加工

ベルトに穴をあけます。吸引搬送などに使用されます。

 

エッジシール加工

エッジシール材を、ベルト本体と溶着により一体化させ、こすれによるベルトエッジ部の心体の糸ほつれを防止します。

 

波桟加工
ベルト表面の両側の長さ方向に波型の桟を取り付けます。

傾斜搬送、粉体搬送などの、荷こぼれ防止に使用されます。


他の加工例
★センターシーム加工、シリコン加工、フィルムマーキング加工などが
あります。
 
詳細につきましては当社各営業所までご相談ください。